NURO光(ニューロ光)の工事は遅い?開通の期間や料金@口コミ

自宅にインターネット回線を引くうえで避けては通れないのが回線工事です。2Gbpsの回線速度を誇り、その提供エリアは関東全域(一部地域を除く)にまで広げているニューロ光ですが、光速の回線速度とは裏腹に開通工事のスピードがかなり遅いとのことです。遅いと言ってもさすがに1年やら数年かかることは無いと思いますが、実際に工事をして開通した人たちはどれくらいの期間がかかったのか、口コミをまとめてみました。
一戸建て住居とマンション・アパートと言った集合住宅の工事の内容の違い、注意点、そして工事料金についての説明もしています。

 

【目次】
1.NURO光(ニューロ光)の工事は遅い?リアルな口コミ
2.NURO光(ニューロ光)の戸建て工事の内容、工事期間
 2−1 戸建て工事の手順
 2−2 戸建て工事の内容
 2−3 戸建て工事終了までにかかる期間
3.マンション・アパートにNURO光(ニューロ光)を導入する時のおすすめ工事プラン
 3−1 NURO光forマンションとは?
 3−2 NURO光forマンションの欠点
 3−3 集合住宅で使うならマンションミニプランがおすすめ
4.NURO光(ニューロ光)の工事にかかる料金
5.工事前の注意点
6.まとめ

 

 


NURO光(ニューロ光)の工事は遅い?リアルな口コミ
■乗り換え工事をした人たちの声
ニューロ光に関しての口コミは大きく分類すると、速度に関しての口コミと工事に関しての口コミの2つに分かれています。
そこで今回は記事のタイトル通り工事に関しての口コミをまとめてみました。

◯1/15日に申し込んだけど、申し込んだ後連絡が来たのは10日後くらいだし、そこからさらに工事が2回もあったから実際にネットが使えるようになったのは2月末だった。前に違う回線を引いた時はこんなにかからなかったのに、どうしてここまで差が出るんだ。


◯申し込んでから10日後くらいに連絡来て工事日も簡単に決まり、宅内工事まではスムーズにしてもらえた。問題はその先でいざ屋外工事となった時に、他人の土地を回線が通ることになってしまうため、工事が一時中断となってしまった。その後So-netに電話をしてもなかなか工事の日は決まらず、2ヶ月ほど経ってから屋外工事が始まりやっと開通した。

 

◯どーせ工事なんてすぐ終わるだろうと思って、開通前に今の回線を解約してしまったのが間違いだった。少しくらいの期間ならネットを使えなくてもいいやと思ってたけど、まさか工事で1か月以上も待たされることになるとは…ちょうど引っ越しシーズンだし込み合ってたのかな。これから申し込もうと思っている人は気を付けてください。

 

◯工事がすごく遅いって噂をよく聞いてたけど、うちは大体1か月で開通できた。やっぱ工事が2回あるし、それぐらいの期間かかっちゃうのはしょうがないんじゃないかなぁ。屋外工事がなかなか決まらないって人はNURO光の開通センターに連絡して急かしてみると早く決まるよw

 

■口コミの情報をまとめると…
工事についての口コミを書いている人の口コミをまとめてみると、「遅い」という意見が多いようでした。どうやら大体の人が開通までに1か月以上の期間がかかっているようなので、平均はそれくらいかかると見た方がいいのかもしれませんね。
そしてニューロ光の工事は2回あるようです。1回目の工事は比較的に早く終わるものの2回目の工事の日程が決まらなかったりすることで工事が遅れてしまう事もあるようです。確かに他の光回線などでは工事は1回で済みますし、大体2週間から遅くても1ヶ月ほどで利用できるようになるので、最短でも1か月ほどかかるニューロ光は少し遅いのかもしれません。
では何故ニューロ光の工事は2回もあるのか、何故そこまで時間がかかるのか、具体的な工事内容を見てみましょう。

 


>>開通〜最速ネット通信!NURO光はコチラ!

 


NURO光(ニューロ光)の戸建て工事の内容、工事期間
2−1 戸建て工事の手順

STEP1 申し込み
ニューロ光の申し込み口はたくさんありますが、代理店サイトから申し込みの場合So-net⇒代理店⇒顧客と連絡が来ることになる場合が多いので、取引に1クッション挟むことになってしまいます。なので、NURO光の提供元であるSo-net公式のキャンペーンサイトから申し込むことが一番の近道です。また、申し込みの際に1回目の宅内工事の日程を決めておくと、次の工事日調整の連絡を飛ばせる場合があります。

 

STEP2 工事日調整の連絡
申し込みから約10日後、NURO光の開通センターから工事日調整の連絡が来ます。工事には立ち合いが必要なので、自分、もしくは同居してる家族の予定などを確認しておき、工事の空き状況と合わせて日程を調整するようにしましょう。しかし翌日に工事を指定したりなどは不可能なので、電話が来た日からおよそ10日後以降の日付を指定することになります。

 

STEP3 宅内工事(1回目の工事)
工事日の2日前〜前日までに訪問時間の連絡が来ます。立ち合い人がいない場合、もちろん工事は行われずに延期になるので気をつけましょう。宅内工事ではSo-netから派遣された工事員がやってきて、ONUという光回線と自宅のパソコンを繋げる機械の設置場所を決めることになります。その際に工事員からONUの設置場所を尋ねられる事になるので設置する位置をあらかじめ決めておき、立会人がその設置場所を理解して置けるようにするといいでしょう。

 

STEP4 屋外工事
宅内工事の終了後、もしくは最初の工事日調整の時に屋外工事の日程を決めます。今度はSo-netからではなく、NTTの工事員から工事日の当日までに訪問時間の連絡が来ます。屋外での工事にはなりますが、宅内の時と同様に立ち合いが必要なため、予定を開けておきましょう。

 

STEP5 利用開始
屋外工事が終了したら、即日利用を開始することができます。

 

戸建て工事の内容
ニューロ光の工事は宅内工事と屋外工事の2回の工事があることを説明してきました。では、その工事とはいったいどんなことをやるのか、一戸建て住居の宅内工事の内容から見ていきましょう。

 

■宅内工事
(1)光キャビネットの取り付け

電線から光ケーブルを引き込んだ時の中継機のような役割を果たしてくれる光キャビネットという装置を、家の外壁に取り付けます。基本的にはビス留めの設置にはなりますが、水が入り込まないように防水処理はしっかりと処置してくれるようです。ニューロ光を解約するとなった場合は、撤去工事を依頼するとビス留め部分を穴埋めしてくれるので、穴が開きっぱなしという状態にはなりません。また、ビス留めがどうしても嫌という場合は、両面テープでの設置に切り替えも可能です。ですがもちろんビス留めよりは固定力が弱いので万が一剥がれ落ちるようなことがあった場合は、再度取り付けをしてもらいましょう。

 

(2)光ケーブルを宅内に入線する
外壁に設置した光キャビネットから家の中に光ケーブルを引き込みます。
家の状況により
・エアコンのダクトからの引き込み
・電話線などの既存配管からの引き込み
・穴開けによる引き込み
と、3パターンがあります。
基本的には上記2つのどちらかによる引き込みとなりますが、万が一どちらも不可能な場合は穴開け(約10o)での引き込みとなります。

 

(3)光コンセントの取り付け
光ケーブルを接続する光コンセントの取り付けをします。
電話線などの既存配管からの引き込みは光アウトレットタイプ

 

エアコンダクトや新規の穴からの引き込みの場合は光ローゼットタイプ

 

といったようにケーブルの引き込み方に合わせ、2種類のコンセントのどちらかが施工されます。

 

(4)ONU設置
光コンセントの近くにONUを設置し、光コードによってコンセントとONUを接続します。光コードは2、3、5、10mの中から長さを選ぶことができます。

以上で宅内工事は終了です。既存の配管をそのまま利用できたり、大幅な施工などが無ければおよそ1時間ほどで終わります。

 

 

■屋外工事
(1)電柱から光ケーブルを引き込み
電柱に通っている光ケーブルを家に引き込みます。その際に家の外壁に引き留め金具をとりつけ、そこに光ケーブルを固定します。クレーン車を利用しての作業になるので、自宅の前の道路に止める場合があります。なので通行止めになってしまうようであれば、工事がある事を予め近隣の方に伝えておくと良いでしょう。

 

(2)光ケーブルと光キャビネットを接続する
電柱から引き込んだ光ケーブルと、宅内工事の際に取り付けた光キャビネットまでつなぎます。そこでキャビネット内のケーブルと電線のケーブルを接続し、開通となります。引き留め金具からキャビネットまでの距離が長い場合には、途中でケーブルを外壁に固定する留め具をつける場合もあります。

 

以上で屋外工事は終了です。工事自体はとてもシンプルなので早ければ30分〜1時間ほどで終わってしまうようです。

 

 

戸建て工事終了までにかかる期間
工事が長引く要因があるとしたら、屋外工事にあります。代表的な例を挙げるとすると、口コミにもあったように回線が他人の土地を通過することになってしまう場合「空中権」という権利が絡んできてしまうので、その問題を解決するまで工事は行われません。その場合工事調整までに30日ほどの時間がかかる事があるようです。

ですがそう言ったことが無かった場合、基本的に戸建ての工事終了までにかかる期間は、最短でおよそ1か月ほどになるでしょう。口コミでは「1か月もかかるのは遅い」との声もありましたが、So-netとNTTと2社による工事が入るので、手続きなども含めてこれよりも早くするのは難しいのかもしれませんね。工事の時点で2社とやりとりするわけですから、そこに更に代理店を挟んでしまうのはやはり得策ではありません。
NURO光の提供元であるSo-net公式のキャンペーンサイトから申し込んで、スムーズに開通させましょう。

 

公式サイト
>>公式キャンペーンでスムーズ開通!NURO光はコチラ!

 

 


マンション・アパートにNURO光(ニューロ光)を導入する時のおすすめ工事プラン
マンション・アパートと言った集合住宅NURO光を利用する場合、戸建てと同様に宅内工事、屋外工事と二回の工事を行って引き込む「NURO光G2 Vマンションミニ」というプランと、工事方法、月額料金、導入条件が変わってくる「NURO 光 for マンション」という2種類のプランがあります。

 

NURO光 for マンションとは?
NURO光forマンションというプランは、同じマンションに住む住人4人以上が同時に申し込むことで、月額の回線料金が安く使えるというプランです。マンション内のユーザーが増えると料金も下がり、最大10人以上の同時利用で月額1,900円まで値段が下がります。

 

基本的な工事手順は通常のプランと同様に2回に分けて行われますが、少し内容が変わります。

 

STEP1 エントリー
同建物内で4人以上の申込者を集め、エントリーを行います。

 

STEP2 オーナー、管理会社と交渉
営業代理店が建物の大家さん、または管理会社と設備導入の交渉をします。

 

STEP3 現地調査
大家さん、管理会社の承諾後、現地調査が行われ設備の設置位置などを決めます。

 

STEP4 設備導入工事
建物に設備を設置する工事を行います。この際に立ち合いは必要ありません。

 

STEP5 宅内工事
設備設置後、宅内工事の連絡が来ます。宅内工事には立ち合う必要があります。宅内工事が終了すれば即日利用可能です。

 

エントリーからおよそ2ヶ月半で開通に至ります。

 

 

NURO光forマンションの欠点
利用人数が増えれば月額利用料金が減るので一見魅力的ですが、このNURO光forマンションにはいくつかの欠点があります。

 

■4人集めるのが難しい
建物のオーナーがNURO光の導入を前面に推している所であれば大家さんの協力が見込める可能性もありますが、そう言った所はなかなか少ないと思います。そのため自分で他の住人の部屋まで行き、訪問営業のように申し込みの交渉をしなければなりません。それに他の住人も既に他の回線での契約をしている可能性も高いため、解約金などの問題も生まれます。
そのような悩みを解消しつつNURO光の良さを伝える必要があるので、自分が回線販売の営業経験があると言う方なら可能なのかもしれませんが、そう言った方でない場合は建物内で4人の利用者を集めるのは至難の業でしょう。

 

■利用者が4人未満になったら強制解約
4人揃ってせっかく開通したとしても、だれか1人でも辞めてしまい利用者が4人未満になってしまった場合は、3カ月後に強制解約となります。その際に工事費の残債、契約の更新月以外では解約金を支払う必要もあります。

■工事が遅い
手続きが非常に多いため、通常でもエントリーから2か月半、そして4人集める所から考えるともっと時間が必要となるでしょう。

 

■速度低下の可能性がある
電線から建物の設備へと引き込む光ケーブルは1本です。その1本のケーブルをそれぞれの部屋に分配して使用する形になるので、他の利用者が多ければ多いほど回線が混雑し、速度低下の可能性があります。

 

 

集合住宅で使うならマンションミニプランがおすすめ
マンションミニプランであれば申し込みの手順、条件、工事方法は一緒なので最短で約1ヶ月後に開通することができます。導入前に大家さんとの相談は必要ではありますが、個人で気軽に申し込むことが出来るので、人数制限などの縛りはありません。そして、各部屋に1本のケーブルを引き込んで利用する形になるので、NURO光forマンションと比べて速度低下の影響なども受けにくいです。

 

現在NURO光forマンションは1万円キャッシュバックのキャンペーンをやっていますが、マンションミニの場合はSo-netの公式キャンペーンサイトから申し込むと3万円キャッシュバックのキャンペーンをやっています。(戸建ても同様)そういったサービス面から見ても集合住宅の方はマンションミニプランで申し込むことをおすすめします。

 

公式サイト
>>提供エリア範囲内か確認もできる公式NURO光はコチラ!

 

 


NURO光(ニューロ光)の工事にかかる料金
4−1 基本工事料金は実質無料
ニューロ光の工事料金は本来40,000円(1,333円×30ヶ月)となっていますが、現在公式キャンペーンサイトでは「月額料金割引キャンペーン」が行われています。開通月の翌月以降から、30ヶ月間の間毎月1,334円の割引をしてくれるので、毎月の工事費をまるごと補ってくれる形になります。

 

また工事費とは別に契約手数料3,000円というものがありますが、こちらは初回のみの支払いです。

 

 

4−2 別途工事費がかかる場合
ニューロ光のオプションサービスとして「NURO光でんわ」というものがあります。ネット回線と共に光電話も設置する場合には回線工事費3,000円、番号ポータビリティ(同じ電話番号で使えるようにする)費用で2,000円かかります
また土日祝日に工事をする場合には、追加で3,000円がかかります。

 

NURO光でんわに関しては設置の有無を申し込みの時に選べます。ネット回線開通後に別途申し込むという事も可能です。初期投資を極限まで減らしたいという人は、光電話は加入しない、またはネットの開通後に申し込むと良いかもしれませんね。
また、そういった出費を補填するためにも公式キャンペーンサイトでは30,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。中には光電話やその他のオプションを全て契約しないとキャッシュバックをしてもらえないというサイトもありますが、公式の場合はネット回線のみの契約でも30,000円もらえます。なのでそういったキャンペーンも賢く活用していく事をおすすめします。


>>オプションなしでもキャッシュバック30,000円!工事費無料の公式キャンペーンはこちら

 

 


工事前の注意点
では最後にNURO光の工事を申し込む前に知っておくべき注意点を紹介します。

 

借家、賃貸の場合は大家さん、管理会社に相談する
上記で説明したようにNURO光の工事は、建物によっては壁に穴を開けざるを得ない場合があります。持ち家の場合は問題ありませんが問題なのは借家、賃貸の場合です。その場合建物の持ち主である大家さんや管理会社の人に工事が入るという事を事前に伝えておかないとトラブルになる可能性があります。
ただし、いきなり「工事をする」という伝えたら持ち主の方も大事に考えてしまって許可をなかなかもらいにくくなってしまうので、持ち主の方に対していかに簡単な作業であるかを伝える事がポイントです。

 

■「NTTの新しい電話回線サービスを利用したい」と相談する
大家さんが回線関係に詳しい方であれば問題ありませんが、大体の場合は「インターネット回線のNURO光を利用したい」という言葉を聞いてもピンとこない大家さんが多いでしょう。しかし、NTTと聞いたら話は別です。実際にNURO光を利用するにはNTTの所有回線であり、電話回線としても使われている光ファイバーを引き込むので大家さんを騙しているという事にもなりません。

 

■「工事」という言葉を使わない
工事と聞くと、壁に大きな穴を開けてしまうなど大掛かりな作業を連想してしまうことがあります。そのため、工事という言葉を「取り付け作業」または「引き込み作業」という言葉に変え、「電線から引っ張ってきた線を、既存の電話線の配管か、エアコンの穴を使って部屋に引き込む」と伝えましょう。NURO光の工事は2回ありますが、その作業自体は何日もかかって行われる物でなく、たった1時間程度で終わるものと伝える事で大家さんも大事に考えずに済むでしょう。

 

■外壁に機器を取り付けることを説明する
NURO光の工事の特徴として、光キャビネットを取り付ける作業がありますが、正直ここが一番のポイントかもしれません。建物の外観にこだわる大家さんであれば、壁に謎の装置がとりつけられる事はあまり好ましく思わない方がいると思います。
なので説明をする時には、
・電線から引っ張ってきた線を部屋で使えるようにする小さい装置
・最悪ネジで固定する場合もあるが、基本的には強力な両面テープで取り付けできる
・退去する時には装置は取り外して、ネジ穴を開けた場合はちゃんと穴埋めもする
という3点をしっかりと伝えておきましょう。
工事員の方にも「光キャビネットの取り付けには極力両面テープでお願いします。」と伝えておくといいでしょう。

大家さんが断る理由として多いのは「何かよくわからない」という事と「大掛かりな工事をしてほしくない」という事です。かと言って無断で設置をしてしまったり、嘘をついてしまうと後々大きなトラブルに発展してしまいます。口頭での許可を貰うだけで大丈夫なので、特別に何か書類にサインしてもらうという訳ではありません。なので伝え方を工夫して、いかにNURO光の取り付け作業が簡単なものであるか「気軽感」を出して伝える事がポイントです。

 

現在利用している回線を解約するときの注意点
■解約はNURO光が開通してから
NURO光が開通する前に現在の回線を解約してしまうとどうしてもインターネットが使用できない期間が発生してしまいます。別に構わないという方は問題ありませんが、ネットを使えない期間を無くしたいという方はNURO光が開通し、ネットが使えるようになってから現在の回線を解約するようにしましょう。

それに合わせて、NURO光の開通までにはおよそ1か月ほどの期間がかかるので、現在の回線を解約金無しで解約したいという方は、更新月の1ヶ月以上前に申し込んでおき、屋外工事の日程を更新月に合わせる事で、解約金がかからずに上手く解約することが可能です。更新月がだいぶ先だけどNURO光を利用したいという方は、先ほども紹介した30,000円のキャッシュバックキャンペーンを利用して解約金に充ててしまうというのも1つの手かもしれませんね。

 


>>30,000円貰えるキャッシュバックキャンペーン中!NURO光はコチラ!

 

 


まとめ
NURO光の工事は遅いという意見がありましたが、口コミを見てみると2度の工事が入ってしまうので1か月ほどかかってしまうので、どうしても長く感じてしまうとのことでした。他の光回線の工事は1回で済んでしまうので、それと比べたら長くなってしまうのは仕方ないのかもしれません。ですがその分、一度開通してしまえばネットの快適さは段違いになるはずです。工夫の仕方によっては工事費や現在の回線の解約金を全くかけず、それでいてネットを使えない期間を無くして開通させる事も可能です。
NURO光に乗り換えつつあり年々利用者は増えています。それにより今後も提供エリアが広がる可能性もあるので、工事期間が1か月で済んでしまい、関東のみが提供エリアである今がチャンスなのではないかと思います。

 

公式サイト
>>関東なら最速回線利用のチャンス!NURO光はコチラ!